セザンヌ「アルルカン」 人物と空間、研究の痕

茨城新聞クロスアイ 2018年11月2日 16時00分
ポール・セザンヌ(1839〜1906年)は、キュービスムをはじめとする20世紀絵画の展開に多大な影響を与え、「近代絵画の父」と称される。若き日のセザンヌは印象派の画家、カミーユ・ピサロ(1830〜19...
続きを読む

この記事を読んだユーザーへのおすすめ