『ひだる神』 通りすがりのあの場所で現れた黒い物体|川奈まり子の奇譚蒐集

TABLO 2018年09月25日 15時00分
山の妖怪に「ひだる神」というのがいて、これに取り憑かれると突然、猛烈な飢餓感をおぼえて倒れてしまうとされている。南方熊楠は『東海道七里渡』という本のなかで、1775年(安永4年)に今の三重県亀山市にあ...
続きを読む

この記事を読んだユーザーへのおすすめ